Tuesday, December 8, 2009

日本の夏の思い出

今は思い出になったんだけども、ずっと心の中にいるんだ。日本のみんな、日本の思い出。

強い太陽の下に授業に歩いていって、途中は蝉の音を聞いてしまって、授業後は遊んでばかりで、おいしいラーメン,お好み焼きなどのいい和食を食べてばかり、あつすぎて汗がいっぱいで文句ばかりして、月が出るまでみんなと一緒で、最後の電車を乗ってかえった。時々野球ゲームを見に行った。それは私の毎日だった。みんなと馬鹿なことばかりした。

空は広い。私が知ってる世界の外はまた新しい世界がある。毎日はその感じだった。日本の文化や、価値観や、思い方や、言語など、全部精一杯習おうと思った。日本人になるようにしてた。あのときは成長過程か、心の期待か、毎日も自分の理想的な生活を過ごした。

夏がきた、夏が終わった。秋がきた,秋が終わった。どんどん寒くなってきた。一瞬間、春が来る。そして、夏がまた始まる。あ、過去はいつも現在より美しい。でもあの美しい分断はもう終わってしまった。

今は前を向かって、勇ましく未来に歩こう。しかしやっぱり、昔からずっと変わらなく、私の心は日本に残っていた。

1 comment:

  1. oh really? =P
    I can sound out the hiragana. that's it. haha

    ReplyDelete